banner

HOME > 家庭用蓄電池の広がり > 家庭用蓄電池の寿命について

家庭用蓄電池の寿命について

 家庭用蓄電池では寿命の問題が重要なテーマです。家庭用蓄電池を導入する場合には高い費用がかかります。高額な場合には200万円から300万円前後の価格になります。家庭用蓄電池の場合は容量によって価格が変化します。多額の負担をするわけですから、できるだけ長持ちしてほしいものですね。そこで、このページは家庭用蓄電池の寿命に関してみなさんに紹介します。家庭用蓄電池は緊急時にも活躍するものですから、いざという場合に性能を発揮できるようにしておくことが肝心です。だから、家庭用蓄電池の導入時には寿命の情報をしっかりと把握しておくことが重要になります。わたしの収集した情報をみなさんに紹介します。できるだけわかりやすくお伝えしますので最後まで確認をお願いします。
 まず、蓄電池の性質を理解しましょう。蓄電池は化学反応によって電気を貯めるシステムです。化学反応のためには化学物質を利用します。この化学物質は蓄電池の内部にあります。この化学物質の劣化が進むと家庭用蓄電池の寿命になります。蓄電池の働きが悪くなりますので電気を貯めることができなくなります。これは携帯電話などのバッテリーと同じですね。家庭用蓄電池でも同じように寿命があります。基本的に家庭用蓄電池の場合は10年前後が寿命になります。ただ、寿命が来ても、すぐに使用できなくなるわけではありません。メーカーが保障する性能が発揮できない時期が寿命の時期になります。だいたいの場合、10年前後で性能が落ちます。だから、家庭用蓄電池の寿命はこのあたりの数字に設定されています。これから技術が進歩すると家庭用蓄電池の寿命はもっと伸びます。最近では30年の寿命をもつ家庭用蓄電池の開発が成功しているそうです。ますます家庭用蓄電池の性能がアップすると思います。みなさんも期待しておきましょう。

Copyright(c) 2012 ますます広がる蓄電池の世界 All Rights Reserved.