banner

HOME > 家庭用蓄電池の広がり > 補助金を使ってお得に導入する方法

補助金を使ってお得に導入する方法

 節電は日本の共通目標です。あまり電気を無駄遣いする時代ではありません。だから、最近ではスマートハウスなどの新しいタイプの家も開発されています。しかし、家庭用蓄電池を導入する場合には大きな負担がかかります。こうした負担をしてまで、家庭用蓄電池を導入するメリットがあるかどうか不安になる家庭も多いと思います。しかし、家庭用蓄電池を導入する場合のサポートがあれば気持ちも変化します。積極的に家庭用蓄電池を導入する気持ちになる家庭もあるでしょう。そこで、このページでは家庭用蓄電池を導入するさいの政府によるサポート策を紹介します。家庭用蓄電池を購入する場合に補助金が支給される場合があります。こうしたサポートを活用すると思い切って家庭用蓄電池を導入する家庭も増加すると思います。家庭用蓄電池は節電対策にもなりますので、現在の日本には大きく貢献するものだといえます。みなさんもお得に家庭用蓄電池を導入するためにこのページの内容を確認してください。
 家庭用蓄電池を導入する場合のサポートとして、政府からの補助金があります。家庭用蓄電池の価格は高い場合で200万円台になります。スマートハウスとして家庭用蓄電池を利用する場合にはこのレベルの価格のものを購入することが必要です。しかし、なかなか200万円もの大金を負担することは難しいですね。収入がアップしない時代ですので、できるだけ負担は抑えたいのが庶民の希望です。そこで補助金があると助かります。経済産業省による家庭用蓄電池への補助金は家庭用蓄電池の購入金額の最大3分の1までが補助されます。これはかなり助かる情報ですね。自己資金だけではなかなか家庭用蓄電池の導入に踏みきれない場合でも、補助金があると積極的に家庭用蓄電池を検討しようという思いになります。補助金限度額は100万円が限度です。つまり、300万円前後の家庭用蓄電池を導入する場合、最大の補助金になりますね。購入のさいの参考にしてください。

Copyright(c) 2012 ますます広がる蓄電池の世界 All Rights Reserved.